HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ!




□「返品種別」について詳しく□
2017年04月 発売

メーカー保証期間 1年


小型化と大光量化を達成した、高性能クリップオンフラッシュ
α7シリーズとの使用に最適な小型・軽量設計のクリップオンフラッシュです。
携行性に優れた小型設計でありながらガイドナンバー45(※)と大光量のため、フラット発光時やバウンス発光時でも十分な光量で撮影できます。また、最大発光回数約210回のスタミナ性能と、約2.5秒の充電時間も実現しています。
※照射角105mm設定時、ISO100・m

電波式ワイヤレス通信により、進化した多灯撮影
HVL-F45RMには、従来の光通信方式に加え、電波式ワイヤレス通信機能を搭載。
1台を対応カメラ(※1)に装着し、もう1台をペアリングすることでコマンダー(電波の送信側)としても、レシーバー(電波の受信側)としても使用できます。また、コマンダー機能使用時は、最大5グループ(※2)15台のレシーバー(※3)、フラッシュ(※4)と接続可能です。

※1 電波式ワイヤレス通信機能は、α7R II、α7S II、α7 II、α6500、α99 IIのみ対応。
   また、α7R II、α7S II、α7 IIで電波式ワイヤレス通信機能を使用するには、カメラ本体のファームウェアアップデートが必要です。
※2 グループ発光撮影モード使用時、5グループの中で3グループは発光モードをTTL/マニュアルから選択可能。
   残り2グループはマニュアル発光のみとなります。また、TTL/マニュアルフラッシュ撮影モード使用時は3グループとなります。
※3 電波式ワイヤレスレシーバー FA-WRR1(別売)
※4 フラッシュ HVL-F45RM(別売)のみ対応


高い創作意欲に応える、優れた操作性と信頼性
液晶画面には、視認性に優れたドットマトリクス液晶を採用。
発光部は左右180°、上150°、下8°に動かせるバウンス構造で、さまざまな構図や撮影シーンに合わせたライティング表現が可能です。
また、防塵・防滴に配慮した設計も施しています。
※ 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません


充実のフラッシュ機能
HVL-F45RMには、背景のぼけ効果を生かせる「ハイスピードシンクロ機能」をはじめ、動く被写体を印象的に演出できる「後幕シンクロ」や高精度なフラッシュ調光を得られる「ADI調光」など、フラッシュ撮影に欠かせない機能を搭載しています。

その他の特長
暗いシーンで動画や静止画を撮影する際、被写体を照射するのに役立つLEDライトを搭載。さらに、フラッシュをパソコンに接続するためのマルチ/マイクロUSB端子や、さまざまなソニー製品での使用を可能にする「マルチインターフェースシュー」も備えています。

■ 仕 様 ■

  • 形式:プリ発光による光量制御方式オートエレクトロフラッシュ
  • シュー形状:マルチインタフェースシュー
  • 最大ガイドナンバー:45(照射角105mm設定時、ISO100・m)
  • 動作モード:TTL/MANUAL/MULTI
  • 閃光時間:約1.7ms以内(1/1マニュアル発光時)
  • 色温度:5500K
  • 光量レベル切替:22段階(1/1-1/128)1/3段ステップ
  • 発光間隔:約0.1秒-2.5秒(アルカリ電池)/ 約0.1秒-2.0秒(ニッケル水素電池)
    ※メーカー試験条件による
  • 発光回数:約210回以上(アルカリ電池)/ 約270回以上(ニッケル水素電池)
  • 連続発光性能:10コマ/秒で40回の連続撮影に追従可能
    ※通常発光時、光量レベル1/32、照射角105mm、ニッケル水素電池使用
  • 照射角:AUTO/マニュアル(24mm-105mm)ワイドパネル装着時15mmレンズの画角をカバー
  • バウンス撮影:可能
    上150°(0°/30°/45°/60°/75°/90°/120°/150°)
    下8°、左右180°(0°/30°/45°/60°/75°/90°/120°/150°/180°)
  • 調光方式:プリ発光による光量制御(P-TTL/ADI調光)
  • マルチ発光:カメラ本体Mモードで可能 (発光間隔 1-100Hz発光回数 2-100回)
  • 電波式ワイヤレス機能:
    ・電波式ワイヤレス発光:Yes(コマンダー/レシーバー)
    ※別売の電波式ワイヤレス対応フラッシュ、または電波式ワイヤレスレシーバー(FA-WRR1)、または電波式ワイヤレスコマンダー(FA-WRC1M)が必要です。
    ・周波数範囲:2.4GHz帯
    ・通信チャンネル:14チャンネル(Autoマニュアル選択可能)
    ・最大到達距離(約):約30m※使用環境・メーカー測定条件による。
    ・グループ数:3グループ(TTL/マニュアル)5グループ(グループ撮影)
    ・最大接続可能台数:15台
    ・光量比制御:3グループ(TTL)
  • 光通信式ワイヤレス機能:
    ・通信式ワイヤレス発光:Yes(コントローラー/リモート)※ 別売の光通信式ワイヤレス対応フラッシュが必要です。
    ・通信チャンネル:4チャンネル
    ・最大到達距離(約):約5m※使用環境・メーカー測定条件による。
    ・グループ数:3グループ
    ・光量比制御:3グループ(TTL)
  • ワイヤレス発光:コントローラー、オフカメラフラッシュとして使用可能
  • ハイスピードシンクロ機能:
    フラット発光により、マルチインターフェースシュー及びオートロックアクセサリーシュー搭載のソニー製レンズ交換式デジタルカメラとの組み合わせで、シャッター速度に全速同調可能
  • テスト発光:テストボタンにより可能
  • モデリング発光:可能
  • ホワイトバランス自動補正機能:可能(DSLR-A100を除く)
  • 画面サイズ最適化ズーム制御機能:可能(DSLR-A100を除く)
  • 調光補正機能:可能※この機能は、装着される本体によって異なります。
  • カスタムキー設定機能:可能
  • メモリー設定機能:可能
  • 防じん防滴:防じん防滴に配慮した設計
  • 端子:
    ・シンクロターミナル:-
    ・マルチ/マイクロUSB端子:○
  • LEDライト機能:
    ・最大照度:約400 lx(0.5m)/約100 lx(1m)、対応焦点距離35mm(35mm判画角)、光量レベル切り替え10段階
    ・照射距離:約1m (ISO3200/F5.6設定 動画撮影時)
    ・連続照射時間:約4時間 (ソニー製単3形アルカリ乾電池使用時)
    ・色温度:約5500K
  • 使用温度:0℃ - +40℃
  • 保存温度:-20℃ - +60℃
  • 電源:単3形アルカリ乾電池 / 単3形ニッケル水素電池 4本
  • 外形寸法:幅69.4mm×高さ113.7mm×奥行き88.3mm
  • 質量:317g (本体のみ)
  • 同梱品:端子保護キャップ(1)、ミニスタンド(1)、キャリングケース(1)

SONY


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ


ヒストリー・オブ・ザ・ワールド 新版 完全日本語版 アークライト [ヒストリーオブザワールド]【返品種別B】

続きを読む

HVL-F45RM ソニー 電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F45RM」 [HVLF45RM]【返品種別A】-ストロボ

このページのトップヘ